フィットネスプログラムについて

こんにちはヽ(‘∀’*)ノ

直感、閃き、5次元思考を大事にしていきたい今日この頃。

思った事が現実になる、逆に良くない不安も現実になっている今日この頃。

未来はイメージ、イメージは行動でのみ具現化する。根拠のいらないアクション!

そこで初めて課題が見つかる!

という訳で、前まで唯一大きな課題であったキックボクシングのフィットネスプログラムですが

①なんとかなるでしょう
②誰かできる人を探せばいいでしょう
③俺には性に合わない
④キックボクシングはフィットネスじゃない

こんな事が頭の片隅にあった為に敬遠していましたが、知り合いのボクササイズトレーナー(海外のレッスンプログラムインストラクター)の意見を聴いたり、実際にやったり、やってる人の意見を聴いたり、調べたりするうちに

俺も本気出してフィットネスプログラム作って、指導力高めようと思いました!!

非常に長い道のりだと思いますが、100万回失敗したら、3年本気でやれば、人間なんでもある程度できると信じていますからヽ(o’д’o)ノ

俺はきっと、専門家やマニアには向かないでしょう!

何故なら、これ以上突き詰めてもシェアするのに関係ないと思ってしまうから

自分の存在アピールとか自己顕示欲とか興味ないのです!

格闘技の看板は チャンピオン!最強!

フィットネスの看板は 締まった身体!カッコイイ!

トレーニングの看板は マッチョ!強い!

俺には無縁ですね(笑)

自分がストレッチを継続しないのもこの性格からだから!?(笑)

自分にあるのは、ただ一つ

素晴らしい事をプロデュース

自分に出来た事や良かった事を教える

世の中の主軸になっているのは、21世紀の価値は繋がりだと思っています

LINE、Facebook、Google、Yahooが流行っているのはコネクションという価値

キックボクシングとフィットネスやトレーニング業界の架け橋

それがかかれば今より面白い事になるし、自分みたいに敬遠や派閥が無くなるのにな〜と思います

昭和から平成に移行するにつれて、オタクがファッションになり個性として受け入れられたように

全て極めなくとも、1つ1つを一貫して楽しめる時代はくると思いますヽ(‘∀’*)ノ

堅い話はさておき

①サーキットトレーニングは取り敢えずは、二の次

サーキットトレーニングやるぞーと意気込んで色んな人に相談しながら、調べて練習してを繰り返してみました!

そしたら

サーキットトレーニング!そんなの絶対つまらないし、盛り上がらない!

言われました(笑)

なるほど、コンチクショーと思いましたが、冷静になってイメージしてみました

色々思うところはありますが、優先事項ではないかも!と思いました

②音楽に合わせたコリオは出来そうだ

次にフィットネス業界につける音楽やレッスンプログラムの著作権について

結論からいうと、既存のレッスンプログラムを導入するのは、コリオ(型、振り付け)習得は容易だが莫大な資金がかかる

音楽については複製権、演奏権があり、複製権は某社のアレンジCDを使う事で解消。演奏権については営利目的での使用には月額料金が発生。

※当初は自分で編集してアレンジしようと思いましたが違法でした(サークル規模なら問題ナシorグレーですが)

という事で、アレンジCDを買ってコリオをこちらで決めるセンスが必要!
(早速購入)

持つべきは友人という事で、mossaというレッスンプログラムインストラクターにコリオの決め方を指導していただける事に!

各パーツの動きに関してはキックボクシングとボディコンバットをやってたので問題ナシ。

③パソコンを頑張ればレッスンプログラムを組めそう

各備品に関して、拡声器(インカム)やiPod、CDプレイヤーなんかが必要になってきそうです。そしてCDからパソコンを使って曲順などを決めていくと思うので、パソコン嫌いな自分には更なる障壁に!

そんな感じで計画立てしております♪

※音楽に合わせたフィットネスプログラムは12/14、12/20の18:00〜フクトピアA会議室で行ないます

今月のみ体験という事でフィットネスプログラムに関しては無料に致します

同日20:00〜は技研究会ということで、1つ1つの技や動きを磨く時間にします。簡単にいうとグループパーソナルをやります。

闇雲にスパーやって向上しないなーという方は是非ヽ(‘∀’*)ノ

PR
つちやキックのシェアをお願いします!
PR

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>