もしかしたらキックに役立つ考え方

どうも、強さの意味について考えている土屋です(´ω`)

思うのは

物事、即ち人生の価値を決めるのは考え方一つである。考え方の次に満たされるものがあって【豊かさ】を得る。

そんな事が巷で言われています。

例えば、コンプレックスの塊だった自分ですが

○○が悪いから○○できない

って思うと何にも行動に繋がらりません

逆に

○○が悪いからこそ○○できる、○○が悪いのに○○できる

と考えるとどうか。非常に救われていて、自尊心とパーソナリティが爆発的に向上します

自分は典型的、左脳型人間なので【考え方】とか【祈り】とか【思想】とか気持ち悪いと思っていたタイプッ!!

だけど、そんな左脳型でもわかりやすくいうと

人間は精神(脳があり心がある)動物である限り、想い方で結果に差が出るって事

意味付けを話しているとキリがないので、具体例をあげていきますι(`・-・´)/

1.悪いと分かっていても、ついつい食べてしまう人向けの考え方

【こんなモノで俺の身体をつくってたまるか!!】

人間は食べたもので作られる。この文章を見て『わかってる、わかってる』と言ってる人も実はわかってなかったりします。

習慣と育った環境を知識が覆すのは時間がかかります。

プロもビギナーも付き合いで食べたお菓子が癖になる事が多い。

そういう時は、お菓子で身体をつくってたまるか!!と思えばいいわけです。

左脳型向けにいうと、それが『食事』なのか『娯楽』なのか分けて考えるって事です(´ω`)

2.自分を変えたい人向けの考え方

【自分が死んだら「普通にいい人でした」って言われるだろうな、チクショウ!!】

いわゆる話題性のない人間。ザッツ普通。可もなく不可もなく。飲み会に居なくても別に支障はない。結婚式に呼ばれてもそんなに嬉しくない。むしろ呼ばなくてもいいのに。死んでも気づかない。1年以内にはもうみんな忘れてる。

痩せる!と思ったならッ

痩せなかったら、相変わらず変わってない人。痩せたら、みんなの注目の的。「ねえねえ、どうやって痩せたの?モテるでしょ?」って嫌でも言われる。

強くなる!と思ったならッ

強くなってなかったら、特にスパー見ても仕方ない人。強くなってたら、見所の塊。「ねえねえ、あの人ってプロ?」って言われちゃう系男子。

ただ、大事な事は○○したら・・・という成功の話は置いておく事。

痩せてないアナタ、強くなっていないアナタには所詮、一生縁の無いお話。ファンファーレでも吹いているのが似合っているぞッ!

3.頑張り方が分からないって人向けの考え方

【がむしゃらに頑張っていれば見ている人は見てる】

自分がジムにいた頃、コミュ障だった自分は誰とも目線を合わさず、コーチとも話さないくらい根暗でした。

ただひたすら、サンドバッグを叩く日々、終電ギリギリまで練習。怪我しても練習。スパーは格上のみ!鼻血出してもダウンとられても絶対に負けたくない!

そんな時にコーチに言われたセリフが

「土屋くんさ、チャンピオン目指してるでしょ」

「いえ」

「なんか君からは物凄いものを感じる、強くなりたかったら特別メニュー組んであげるよ」

4.現実逃避癖がある人向けの考え方

【逃げた先でも、また同じ壁にぶつかる】
【今の自分に解決できるレベルの問題しか起こらない】

今はやめていく、いつか出来るようになる、またチャンスがくる

そんなのないッス(。・ω・。)

必要な事は周りに熱があるうちにやっておく。

昔、コーチから「やる気が無いなら帰れ」と言われた話を前にしましたが、今それをやると若い子は帰るのではなく消えると言われるくらい、NQ値が低いというか人間関係が薄っぺらいわけですが

与えられる側は、貰うもよし、断るのもよし。

ただ、分かっておいたほうがいい事は与える側も人を選ぶ。いつまでも、同じように与えてもらえるとは思わない事。

自分の師匠は、テニスのインストラクターですが、3回誘いを断ったら2度と誘わないそうです。

誘われているうちが華ってことですな(´ω`)

5.キックボクシングやり続けて意味あるんだろうかと思う人向けの考え方

【今、この瞬間が自分が最高に輝いている時!!】

「え?格闘技なんてやってるの?怖くなーい?痛くなーい?何目指してるの?笑」

って言われたら

「え?普通に生きてるの?地味じゃない?ダサくない?何にも目標ないの?」

って言います(#^ω^)

人は何か目標ができた時に、フットワークが軽くなり、時間を忘れて幸福感を全開に引き上げることが出来ると思っています。

格闘技ほど、目標が多いスポーツは無いと思っています。

自分はスポーツ苦手ですが、球技でも横乗り系でも1日あれば、ある程度習得できます。こう見えてウェイクボードは360度ターンできます。

ただし!

それ以上、目指そうって気にならない。

しかし、格闘技は明確に自分の課題がどんどん見えてくる。上には上がある。上には上がいる。

限界は無い。ここまでやったら最強とかない!逆いうとどこまでやってもいい。個性伸ばし放題。多角的。

筑前煮のように色んな戦法がある、話題性の塊。飲み会に行って格闘技の話題になると終わらないから申し訳ないくらい!

いざという時に、これ以上無いくらい役立つ。

夜道で不審者に襲われました。

A.彼氏に電話する

B.覚えた格闘技で倒す

Aは火曜サスペンス劇場で終わりですが、Bの方は可能性ありますね(*˘︶˘*)

また、彼氏と揉めた時に強烈な一撃をお見舞いできます。

※いつ、いかなる時でも金的は絶対に禁止です(笑)

以上。考え方編でした。

何かの役に立ったなら幸いです。

PR
つちやキックのシェアをお願いします!
PR

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>