シャドーボクシングを考える

いつも心はレミオロメン、どうも心の晴れない人間ダークマターこと土屋です!

大殺界を7連鎖して、ばよえーん!になってる今宵。アンラッキーボーイの自分が思う事はただ一つ

超ラッキー!!!!

え?なんでかって?

イジめるのが面白いんだよ、、、

自分をイジめるのがよオオオオオオオオオオオオ!!!!(笑)

image

逆境はエネルギー。歯を食い縛り冷水シャワーでカカロットーッと叫びたい気持ちを堪え身を引き締め、筋トレをする。

上福岡ジョイフィットには、ジャギみたいな身体つきの化け物しかいませんが、お陰でヤル気がムンムンです(b’3`*)

いつかケビンレブローニのような三角筋を作ってやるぜーーーー!!!!

image

冗談はここまでにして

シャドーボクシングを疎かにしていませんか!?

自分はキックボクシングを4,5年ほどやってきて、なんとなくシャドーボクシングはずっとやってきましたが

シャドーボクシングの本当大切さが分かったのは、ここ最近(*・ω・)v笑

加藤鷹風に言えば

シャドーボクシングができない男は挨拶できない男と同じだ!

真面目にヒジョーに大事ですね。普通のジムではシャドーボクシングができない人はまず試合に出れません。ミット打ちをする資格がありません。プロ試験受けられません。

キックボクサーはシャドーボクシングが苦手です。むしろパンチとフットワーク自体が苦手です。

故にシャドーボクシングも苦手になりがち。

しかし、シャドーボクシングで出来ない動きは実戦で出来ない。

そしてシャドーボクシングで無意識にできる動きは実戦で無意識にできる。

車を運転できない人は車道走るとガチガチに緊張して思った通りの運転ができません。運転できる人は無意識に運転してるので他の事を考えたり、会話する余裕があります。

シャドーボクシングに関して意識していることは

・身体の気怠さを消す(主にジャンブで)
・身体を温める&ならす
・リズムを止めない
・前後左右のフットワーク
・自分の苦手な動きの克服
・相手の様々な攻撃に対する想定
・ノーモーションでキレのある打撃

実際にシャドーを毎日やりだしてスパーリングが格段に上手くなり、攻撃を受ける事が少なくなりましたヽ(* ‘ー’)ノ

細かく言うと攻めた後に隙を無くす動きを反復してやっていた事で、攻めた後も有利に立てたり、一定のリズムで常にガードを上げる練習をした事でガードが下がる事がなくなった

よく分からないけど攻められて終わってしまう人は、シャドーボクシングをしっかりやってみましょう♪

・スウェーの後にバランスが崩れてバックステップやサイドステップが踏めない
体を反らし過ぎない、体を真っ直ぐに保ったまま、顔だけ移動する意識で!

・足がベタ足
踵を上げる癖を、踏み出す移動と滑る移動を意識して練習!

・足が絡まる
ステップで出す方の足を意識、それかもう少し大股、打撃の時に右足を左に寄せない、特にフックとストレート!

・ストレートが当たらない
ストレートの単発を動きながら練習しましょう。ジャブからストレートの癖を捨てる、右肩を投げるイメージでノーモーション

・コンビネーションが打てない
全力の速さでコンビネーションを練習する、コンビネーションは1セット一呼吸として打つ。目標は1秒以内。タンタンタンではなくタタタのリズムで!

先日の団体キックは人来なすぎだったので、ひたすらシャドーをやってました(笑)

PR
つちやキックのシェアをお願いします!
PR

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>