ホームページ復旧

お久しぶりになってしまいました(๑*д*๑)

ホームページが凍結してしまい、N君に復旧のお願いをしていて、ようやく問題解決致しました!

また、ホームページとは別のトラブルで色々と悩んでおりました

色々、大殺界ばりに問題が続き心労が酷かったもので、何事もモタついてしまい、ご迷惑をおかけしました(´_ _)

それもあってか

最近は、直感でピンときた事を、何も考えず、とりあえずやるという作業をしていますヽ(o’д’o)ノ

①本格的にトレーニング開始。スポーツクラブ会員登録後、週2の2時間ワークアウトしています。

キッカケはお笑い芸人の友達が「トレーニングパートナー欲しいなー」の一言。

俺「俺なろうか?丁度、俺も1人じゃやらないし!」

トレーニングはペアでやるのが一番ですね〜

腰痛と戦いながら、6キロ増量&大嫌いな下半身もバッチリ

増量したのに以前より締まってるZe!!

スクワット、デッドリフトの基本は腹筋〜背中の筋肉の固定。これが分かってから、重い重量でも腰への負担を軽減できるように!

これを知った時は感動的だった、結構知らない人多い筈。姿勢、フォーム、意識は本当大事だと再確認したね。

最後に何の為にトレーニングやってるのか自分に問いてみた、結論は

革新的で推進性のある事を行って自尊心を向上させ、結果的に仕事の生産性を上げ、またメンタルケアも行う

堅くいうとこんな感じです。マジです(笑)

②ヒョンな事がキッカケで桶川サークルや坂戸のサークルへキックの練習しに行ってます。

練習嫌いな自分がトレーニングもやりつつ、ガチ気味なスパーもやりに行ってます。超大変ですが、学びあり、自尊心の向上ありでやり甲斐はかなりあります。

体力的には、その場その場のプレッシャーのかかり具合で全然違いますね〜対人においては誰が来ても変わりないですが、その場の雰囲気で緊張しちゃうと良いパフォーマンスが出せませんね〜

やっぱり自分でも色々とミット打ちとかやると全然違いますね!

連続かつハイテンポでミットを出されると、自分が皆に言ってるようなリズムや当て感が頭で考えている感じに身体がついていかないですね!

段々、慣れてきて分かったことは

ミット打ちの時は、ミドルキックの蹴り足側の腕は手の振りを意識するより、肘を相手に向けて斜め下(下)に素早く下ろすように蹴ると、体幹の筋肉が意識しやすいので強く蹴れる気がします♪

最近は、膝ありスパーを実践してるのですが、右のグラブワークと右膝の組み合わせが異常に使えますね!

その辺の技術話は、また違う場所で話します!

一番の悩みはバイオレンスなスパーに慣れてしまったのか、一時的に手加減ができなくなりました(笑)

ガチ勢の気持ちがまた一歩分かりましたねヽ(〃∀〃)ノ

本当は哲学的な話とか心理学的な話をしたいんですが、某Sさんが

「みんな知りたいのは、どうすればキックが強くなるかでしょ!」

と言ってたので、無理やりキックの話題を書いてます(笑)

究極のところ、メンタルですけどね←

錦織圭はメンタルトレーナー2人ついてるみたいですね、そのくらいメンタル大事Σd(゚∀゚d)

あとは、常日頃の何をチョイスするのか、これは直感力だって話を今朝の個人キックの場で話しました!

そしたら、その内容を詳しく書いてくださいって言われたけど

「そんな内容をホームページで書いても読者的にツマラナイから書かない!」

って話しました(笑)

ただ、最近思うのはキックボクシングはメインのオカズにすると長続きしない気がします。あくまで、副菜。メインはコミュニケーション・コミュニティ。

白黒はっきりさせる事って飽きるんですよね、はっきりしないうちが一番楽しい。

えーそんなわけで、大変ご迷惑をおかけしましたが、再度つちやキックを宜しくお願いします!!!!!

次回

①ルール変更
②技術論
③今、流行ってる事
④その他

を書こうと思います。更新頻度は頑張って早めます(๑*д*๑)

PR
つちやキックのシェアをお願いします!
PR

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>